基本的なお酒の飲み方とは?

「お酒の飲み方で毎回失敗してしまう」と頭を悩ませていませんか。
飲みすぎて記憶が飛んだり、悪酔い方をすることもありますよね。
本記事では基本的なお酒の飲み方を紹介しますので、ぜひ参考の1つとしてお役立てください。

基本的なお酒の飲み方

正しく飲めば体にも良い効果が期待できるお酒ですが、失敗も多いものです。
そこで、以下のようなポイントを意識してお酒を楽しみましょう。

・空腹時は何か食べてからお酒を飲む
・お酒と一緒に水やソフトドリンクを飲む
・一気飲みをしない
・気分が悪くなるまで飲まない
・寝酒は控える

胃に軽く食べ物を入れてから飲むと、体への負担は抑えられます。
水やソフトドリンクも同時に飲み、一気飲みはやめましょう。
宴会やパーティーだとしても、気分が悪くなるほど飲む必要はありません。
また寝つきが悪くなりますので、睡眠を目的とした寝酒は可能な限り控えてくださいね。

自分の適量を知るのも大切

人によりアルコールの分解能力は大きく違うため、自分の適量を知ることも大切です。
「飲むと体調が悪くなる」「毎回飲みすぎてしまう」と感じるのなら改善していきましょう。

まとめ

お酒での失敗を避ける飲み方としては、「空腹を避ける」「水と一緒に飲む」などがあります。
飲みすぎてしまうと記憶が飛んだり悪酔い方の原因になるため、気を付けなくてはなりません。
人によりアルコールの分解能力は大きく違っているため、まずは自分の適量を知りましょう。
お酒は飲み方に気を付けて、無理なく楽しむことが大切ですよ。