八丁堀ぜん日記

2021年12月21日

お酒を飲むと太るの?

「お酒を飲むと太る」というイメージをお持ちではありませんか。 ダイエットを意識しているなら、お酒で太るかはやはり気になるところですよね。 そこで今回は、お酒を飲むと太るのか簡単に解説させていただきます。 お酒を飲んだら太る? 普段脂質を分解してくれる肝臓は、お酒を飲むとアルコールを分解する働きをします。 そのため体内に脂肪が蓄積される可能性はありますが、適量なら問題がありません。 ただし糖質を多く含むお酒をたくさん飲んでいると、太る原因につながることもあります。 またおつまみも同様に、お酒のカロリー自体では太らないとしても食べすぎには注意しましょう。 お酒もおつまみも、適量を守るのが大切です。 太りやすいお酒は何? 糖質が多いお酒や醸造酒は、太る原因になります。 ・ビール ・日本酒 ・果実酒 ・チューハイ ・カクテル 毎回甘いカクテルや、果実酒ばかり飲んでいませんか。 上記はカロリーや糖質などが多いため、飲みすぎには注意が必要です。 もしダイエットをしているのなら、上記のようなお酒は量を控えると良いでしょう。 まとめ 「お酒を飲んで太るのは嫌だ」と考えているのなら、意識したいのはカロリーや糖質などです。 お酒もおつまみも、量や種類に気を付けることで体重の増加は防げますよ。 だからと言って食事を摂らずにお酒を飲むのも体に負担が掛かりおすすめできませんので、注意してくださいね。 太りたくないと感じているのなら、カロリー・糖質・量などに気を付けながらお酒を楽しみましょう。

2021年12月25日

お酒の適量はどのくらいなの?

「お酒の適量はどのくらいなのだろう」との疑問をお持ちではありませんか。 つい飲みすぎてしまい、適量が分からない方も少なくありませんよね。 本記事ではお酒の適量について紹介しますので、健康のためにもぜひ内容をご確認されてはいかがでしょう。 お酒の適量はどのくらい? 厚生労働省による「節度ある適度な飲酒量」では、1日平均純アルコールが約20グラムです。 ただし女性には、アルコールの分解速度が遅いという特徴があります。 女性は、10~15グラムを目安とすると良いでしょう。 純アルコール20グラムとはどれくらい? 純アルコール20グラムの目安は以下の通りです。 ・ビール…5パーセントの500ミリリットル缶1本 ・日本酒…1合 ・ウイスキー…ダブル1杯 ・焼酎…25度を100ミリリットル ・チューハイ…7パーセントの350ミリリットル缶1本 「思ったよりも目安になる量が少ない」と感じる方も多いでしょう。 実際には個人差がありますので、様子を見ながら自分の適量を把握していくのがおすすめです。 飲みすぎには、くれぐれも気を付けてくださいね。 まとめ 本記事では厚生労働省による「節度ある適度な飲酒量」をもとに適量を紹介しました。 個人差はありますが健康にお酒を楽しむなら、ご紹介したお酒の量を参考にしてみるのもおすすめです。 飲みすぎると二日酔いになるだけでなく、健康被害を及ぼしてしまうことも考えられます。 そのためお酒は、普段から適量を意識して飲むようにしてくださいね。

2021年12月28日

サワーとチューハイの違いとは?

「サワーとチューハイの違いは何だろう」と考えたことはありませんか? どちらもよく見かけますが、違いが分からないまま飲んでいる方もいらっしゃいますよね。 ここでは「サワー」と「チューハイ」の違いとは何かを、簡単にご紹介させていただきます。 サワーとチューハイの違いとは何? 基本的にサワーとチューハイは違う飲み物とされていますが、明確な違いはないとも言われています。 ここでは、それぞれの特徴を交えて解説させていただきますね。 サワーとは? ベースにスピリッツを使ったものがサワーです。 レモンサワーやグレープフルーツなど、柑橘系の果物を使用することが多いです。 またサワーには、焼酎を使うこともあります。 チューハイとは? ベースとして、焼酎を使ったものがチューハイです。 チューハイには、炭酸水や果汁などを入れることもあります。 サワーとチューハイに明確な定義はない それぞれベースになるものはありますが、明確な定義がないのが現状です。 飲食店やメーカーによって、サワーとチューハイは違うものだと覚えておくと良いでしょう。 ベースが違っていたとしても、間違いだとは言い切れません。 まとめ 一般的にはスピリッツをベースにしたのがサワーで、焼酎をベースにしているのがチューハイです。 ただし厳密に決まっているわけではないので、店やメーカーなどによって違いがあります。 サワーのベースとして焼酎が使われていたとしても、それが間違いというわけでもありません。 自分が気に入ったサワーやチューハイを見つけて、自由に楽しんでくださいね。

2022年01月01日

シーバスリーガルウイスキーとは?

「シーバスリーガルウイスキーとはどのようなものだろう」とお考えではありませんか? メニューでは名前を見かけるものの、1度も頼んだことがない方もいらっしゃいますよね。 「いつか自分も飲んでみたい」と考えている方も多いでしょう。 本記事では、シーバスリーガルウイスキーについて簡単にご紹介させていただきます。 シーバスリーガルウイスキーとは スコッチ・ウイスキーのブランドの1つが「シーバスリーガルウイスキー」です。 主力であるシーバスリーガル12年を中心として、複数の商品が販売されています。 シーバスリーガルウイスキーは、世界中でもっとも飲まれているスコッチ・ウイスキーです。 シーバスリーガルウイスキーの人気 シーバスリーガルウイスキーは、最高級の材料を使ってブレンドを行っています。 バランスを重視していることもあり、シーバスリーガルウイスキーは多くのファンに愛され続けています。 日本限定の商品である「シーバスリーガル ミズナラ12年」も人気です。 興味があるのなら、ぜひ1度挑戦してみましょう。 まとめ スコッチ・ウイスキーのブランドの1つがシーバスリーガルウイスキーで、日本限定の商品もあります。 「これからスコッチ・ウイスキーに挑戦してみたい」とお考えであれば、試してみてはいかがでしょうか。 数量限定の「シーバスリーガル25年」などにも人気があります、ぜひスコッチ・ウイスキーを楽しんでみてくださいね。

2022年01月05日

シーバスリーガルの歴史について

人気のスコッチ・ウイスキー「シーバスリーガル」にはどのような歴史があるのでしょうか? お酒に興味を持ちはじめて「歴史が知りたい」と考える方もいらっしゃいますよね。 そこで簡単にシーバスリーガルの歴史について紹介していきますので、ぜひ内容をご確認されてみてください。 シーバスリーガルの歴史 1801年に創業者であるシーバス兄弟は、スコットランドのアバディーンに食品を売る店を開きました。 取扱商品は、コーヒーやブランデーを始めとする高価な食品だったと言われています。 イギリス王室への食糧調達を行っていたシーバスリーガルですが、1850年代にはウイスキーの製造を始めました。 やがて1900年代には、アメリカに輸出を始めています。 禁酒法や大きな戦争なども乗り越え、現在でも多大な人気を誇るのが、シーバスリーガルです。 日本限定商品もおすすめ シーバスリーガルでは、日本限定発売の「シーバスリーガルミズナラ12年」を販売しています。 日本原産の水楢樽を使った「シーバスリーガルミズナラ12年」もおすすめの商品です。 まとめ スコッチ・ウイスキーに興味をお持ちでしたら、ぜひシーバスリーガルを試してみてくださいね。 シーバスリーガルは、国際的にも高い評価を受けているウイスキーのブランドです。 世界中で人気がある商品ですので、スコッチ・ウイスキーに挑戦したいなら特におすすめですよ。 長く愛され続ける人気ブランドのウイスキーを、ぜひ実際に試してみてはいかがでしょうか。