八丁堀ぜん日記

2021年12月01日

アラカルトとはどのような意味があるの?

アラカルトという言葉の意味をご存知でしょうか。 良く耳にする言葉ではあるものの、意味は意外と知られていないものですよね。 「今さら人には聞けない」と感じる方も多いでしょう。 そこで「アラカルト」という言葉の意味を分かりやすくご紹介させていただきますね。 アラカルトの意味 アラカルトとはフランス語の「a la carte」で、1つずつ注文する料理を表しています。 フランス料理では、店によって決められた料理が出されるコース料理が主流です。 そこでコースにない料理が「アラカルト」メニューと呼ばれています。 日本では、昔から料理を1つずつ注文するのが主流です。 そのため日本でのアラカルトは、一品料理や単品料理という意味合いで使われています。 単品料理しかない店のメニューはアラカルト? 基本的に、コース料理や定食がある店での単品料理が「アラカルト」と呼ばれるものです。 すべてが単品料理の店であれば、通常はアラカルトという言葉は使用されません。 居酒屋でもコースや定食があるため、単品料理をアラカルトと呼んでいることもあります。 まとめ アラカルトとはフランス語で一品ずつ注文する料理を意味する言葉で、日本でも同じ意味で使われています。 その日の気分に合わせて、一品ずつ好きな料理を注文するのも良いものですよね。 宝町駅から徒歩一分の場所に店を構える「八丁堀ぜん」では、おいしい魚介を始めとする和食を取り揃えております。 築地直仕入れの獲れたて魚介や丹精込めた料理を楽しめますので、ぜひ1度ご賞味ください。

2021年12月05日

基本的なお酒の飲み方とは?

「お酒の飲み方で毎回失敗してしまう」と頭を悩ませていませんか。 飲みすぎて記憶が飛んだり、悪酔い方をすることもありますよね。 本記事では基本的なお酒の飲み方を紹介しますので、ぜひ参考の1つとしてお役立てください。 基本的なお酒の飲み方 正しく飲めば体にも良い効果が期待できるお酒ですが、失敗も多いものです。 そこで、以下のようなポイントを意識してお酒を楽しみましょう。 ・空腹時は何か食べてからお酒を飲む ・お酒と一緒に水やソフトドリンクを飲む ・一気飲みをしない ・気分が悪くなるまで飲まない ・寝酒は控える 胃に軽く食べ物を入れてから飲むと、体への負担は抑えられます。 水やソフトドリンクも同時に飲み、一気飲みはやめましょう。 宴会やパーティーだとしても、気分が悪くなるほど飲む必要はありません。 また寝つきが悪くなりますので、睡眠を目的とした寝酒は可能な限り控えてくださいね。 自分の適量を知るのも大切 人によりアルコールの分解能力は大きく違うため、自分の適量を知ることも大切です。 「飲むと体調が悪くなる」「毎回飲みすぎてしまう」と感じるのなら改善していきましょう。 まとめ お酒での失敗を避ける飲み方としては、「空腹を避ける」「水と一緒に飲む」などがあります。 飲みすぎてしまうと記憶が飛んだり悪酔い方の原因になるため、気を付けなくてはなりません。 人によりアルコールの分解能力は大きく違っているため、まずは自分の適量を知りましょう。 お酒は飲み方に気を付けて、無理なく楽しむことが大切ですよ。

2021年12月09日

お酒を健康的に楽しみたい人におすすめの食べ物とは?

お酒を健康的に楽しみたい人にとって、おすすめの食べ物が沢山あります。 「何を一緒に食べるのが良いか知りたい」とお考えの方もいらっしゃいますよね。 どのような食べ物が良いのか、さっそくチェックしていきましょう。 お酒を健康的に楽しみたい人におすすめの食べ物 お酒の席で選ぶ食べ物には、以下のようなものがおすすめです。 ①チーズ お酒を飲む前に食べると胃の粘膜を保護してくれる。 ②野菜 アルコールによって不足しがちなミネラルやビタミンを補給する。 ③タンパク質 肝臓がアルコールを分解するのをサポートする。 ④フルーツ フルーツに含まれている果糖がアルコールの分解をサポートする。 体への負担を減らすためにも、ぜひ上記の食べ物を積極的に取り入れましょう。 お酒の飲みすぎには注意 大量にアルコールを摂取してしまうと、アセトアルデヒドを肝臓が処理するのに時間が掛かり、二日酔いを引き起こともあります。 動悸・頭痛・吐き気・胸やけなどが二日酔いの主な症状です。 健康的に楽しむなら、お酒の飲みすぎにはくれぐれも注意しましょう。 まとめ 健康的にお酒を楽しみたいなら、チーズ・野菜・タンパク質・フルーツなども一緒に食べましょう。 なるべく体への負担を減らせるように、お酒の席でも工夫してみてくださいね。 お酒を飲みすぎてしまうと、肝臓がアセトアルデヒドを処理しきれず二日酔いの原因にもなります。 無理なくお酒を健康的に楽しむために飲みすぎには気を付けて、体に良いものを取り入れてみましょう。

2021年12月13日

お酒に弱い人におすすめの飲み方について

「お酒には弱いが飲み会を楽しみたい」とお悩みではありませんか。 どうしたら良いか、分からない方も多いでしょう。 そこで今回は、お酒に弱い人におすすめの飲み方を簡単にご紹介します。 お酒に弱い人におすすめの飲み方 もし「お酒に弱い」との自覚があるのなら、以下の対策を試してみましょう。 ・蒸留酒を水で薄めてゆっくりと飲む ・アルコール以外に水も積極的に飲む ・時間をかけて飲む ・お酒だけでなく食事も楽しむ ・無理せずソフトドリンクを飲む ビールよりも水で薄めた蒸留酒は、肝臓での分解が早いと言われています。 水と一緒に飲むと、肝臓への負担が減らせるのでおすすめです。 悪酔いや二日酔いを防ぐなら、お酒はゆっくりと飲んでくださいね。 命にも関わりますので一気飲みは厳禁です。 空腹時の飲酒は避け、食事も一緒に摂ると良いでしょう。 お酒が苦手ならソフトドリンクを飲む方法もあります。 無理をしないのが大切 「周囲が飲んでいるから」といって、同じペースで飲むのはつらいものですよね。 悪酔いを起こす可能性が高いので、お酒に弱いのなら無理をしないことが大切です。 まとめ 本記事では、お酒に弱い人におすすめの飲み方について簡単に紹介しました。 薄めた蒸留酒を水と一緒に飲むようにすると、体への負担が減らせるのでおすすめです。 しかし何よりも大切なのは、お酒に弱いのであれば周囲に合わせず自分のペースで飲むということですね。 自分に合った飲み方を見つけて、ぜひお酒の席も楽しんでみてくださいね。

2021年12月17日

お酒と睡眠の関係について

お酒を飲むことで、睡眠の質を高めることはできるのでしょうか。 「眠れないのでお酒を飲んでいる」という方も多いものです。 しかしお酒を飲まなければ眠れないことは、問題がないのでしょうか? ここではお酒と睡眠の関係について、分かりやすくご紹介させていただきますね。 お酒と睡眠の関係 寝酒をすると、寝つきがよくなったように感じることもあるでしょう。 しかし毎晩酔うほど飲んでいるのなら、以下のような症状が出る可能性があります。 ・寝ても途中で目が覚めてしまう ・眠りが浅くなる ・お酒の量が増える 不眠を解消しようとしてお酒を飲むと、結果的として睡眠の質が下がりがちです。 うまく眠れないからと飲酒量を増やしては悪循環になるため、注意しなくてはなりません。 眠れない時は? 「どうしてもお酒がないと眠れない」と感じるのなら、アルコール依存性睡眠障害だと言われています。 少しずつ酒量を減らすのがベストですが、難しい時には専門医に相談しましょう。 お酒は適量を守り、体に負担を掛けすぎないように楽しく飲んでくださいね。 まとめ 寝つきが良くなったように感じるとしても、長期的に見れば寝酒にはデメリットがあります。 「眠れないからお酒を飲む」「眠るためにお酒の量を増やす」という飲酒は、おすすめできません。 お酒がないと眠れないのならアルコール依存性睡眠障害の疑いもあるので、少しずつ酒量を減らす必要があります。 健康を守るためにもお酒は適量で、体に負担を掛けすぎないように楽しみましょう。