お酒と睡眠の関係について

お酒を飲むことで、睡眠の質を高めることはできるのでしょうか。
「眠れないのでお酒を飲んでいる」という方も多いものです。
しかしお酒を飲まなければ眠れないことは、問題がないのでしょうか?
ここではお酒と睡眠の関係について、分かりやすくご紹介させていただきますね。

お酒と睡眠の関係

寝酒をすると、寝つきがよくなったように感じることもあるでしょう。
しかし毎晩酔うほど飲んでいるのなら、以下のような症状が出る可能性があります。

・寝ても途中で目が覚めてしまう
・眠りが浅くなる
・お酒の量が増える

不眠を解消しようとしてお酒を飲むと、結果的として睡眠の質が下がりがちです。
うまく眠れないからと飲酒量を増やしては悪循環になるため、注意しなくてはなりません。

眠れない時は?

「どうしてもお酒がないと眠れない」と感じるのなら、アルコール依存性睡眠障害だと言われています。
少しずつ酒量を減らすのがベストですが、難しい時には専門医に相談しましょう。
お酒は適量を守り、体に負担を掛けすぎないように楽しく飲んでくださいね。

まとめ

寝つきが良くなったように感じるとしても、長期的に見れば寝酒にはデメリットがあります。
「眠れないからお酒を飲む」「眠るためにお酒の量を増やす」という飲酒は、おすすめできません。
お酒がないと眠れないのならアルコール依存性睡眠障害の疑いもあるので、少しずつ酒量を減らす必要があります。
健康を守るためにもお酒は適量で、体に負担を掛けすぎないように楽しみましょう。